忍者ブログ

ーTakuya.Net Cafe ♪ー

さんまさんのから騒ぎ【一隅を照らす徒然記】
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芸術の秋

来る11月13日(月)

雨月物語が開演しました。

前回の竹取物語、源氏物語、平家物語を観客として見てきた僕は、学生がすべて脚本を書き、演出し、キャスティングするこの授業がとても魅力的で、どうしても出たかった作品でした。

もちろん、主役を狙っていた僕は、最終的にこの役に落ち着きました。

雨月物語

そうです。

隣のおっとうです。

主役のおっとうなら、まだいいです。

なんと、隣の家のおっとうなのです。

世間一般でいえばチョイ悪オヤジに似て、チョイ役オヤジです。

出番は、3幕のはじめのシーン。。

見た人なら分かると思いますが、杖をもってめっちゃ震えていた人です。
とりあえず、うけてよかったです笑

あれで、もしもスルーされていたら正直関西人として自信をなくすどころか、神戸勤務はあきらめて、東京勤務に希望を出すところでした。

振り返ってみて、何よりも授業外の拘束時間が半端じゃないくらいみんな集まっていたし、みんな頑張っていたし、俺も震えるだけ何やけど、それをかなり練習したし。

本真(アキバ系サッカー部○島の指摘により)にみんな頑張ってた!!

各個人のモチベーションの集まりが、組織のモチベーションアップに繋がる。

もちろん、中心的な役割を持つ人間はモチベーションが高いが、それ以外の人はどうだろう。

なかなか、モチベーションを等しく持つのは厳しいのではないか。

しかし、いつもはそこで腐るが、自分に与えられたちょっとの役でもそれをとことん極めようとする姿勢が大事であることをある後輩が教えてくれた。

その子は、俺並にチョイ役だけど、

昔、剣道を嗜んでいた僕に対して、たった1斬りの斬り方を何回も何回も「これでだいじょうぶですかね」と聞いてくる。

ほんなら、熱い俺は、それ以上に熱心に指導を始めた。

そしたら、だいぶん上達してくれた。

めちゃ嬉しかった。

教育者もいいなと思った。

単純な自分に気がついた。

たいした話ではないが、実はそれこそが組織の盛り上げに繋がるし、実際に自分も震えることをすごく極めようと練習した。(なんやそれ!!)

この経験は社会人でも役にたつだろう。

それに気づかしてくれた後輩達、この劇を誘ってくれたたくさんの友達、そして彼らと最後に1シーンを盛り上げられたこと、最後に今まで知らなかったけど仲良くなった新しい友達を持つことできた雨月物語に感謝したい!!

みんな、○谷先生、ありがとさん~~~
PR

コメント


コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


水色 深緑
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(09/06)
(09/06)
(09/04)
(08/25)
(05/18)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Takuya
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/06/22
職業:
社会人
趣味:
スポーツ・旅・温泉
自己紹介:
「スポーツを通して感動を与えるサービス」を提供する行為のプロとして日々成長していきたいと思う。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]